May 14, 2019 / 4:41 PM / 2 months ago

OPEC産原油需要は今年拡大へ、減産継続なら市場逼迫も

[ロンドン 14日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)は14日、月報を公表し、今年のOPEC産原油に対する需要は拡大するとの見通しを示した。米国などOPEC以外からの供給が減速するためで、OPECが減産を継続した場合、市場の逼迫を招く恐れがある。

4月のOPEC生産はやや減少。減産に加え米国の対イラン制裁が影響したという。OPECは2019年のOPEC産原油以外の供給の伸びを下方修正。米国産タイトオイル(シェールオイル)の生産増が和らぐためとした。

OPECにロシアなど非加盟国を加えた「OPECプラス」は今年1月から半年間にわたり産油量を日量120万バレル削減することで合意。OPECは6月25―26日の総会で減産延長の是非について討議する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below