June 18, 2019 / 8:50 PM / 3 months ago

OPECプラス、7月10─12日の閣僚級会合開催で調整=関係筋

[ロンドン 18日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は、今後の生産方針を話し合う閣僚級会合を7月10─12日にウィーンで開催することで調整している。OPEC関係者が18日、明らかにした。

閣僚級会合の日程を巡っては、OPECプラスは今月25─26日から7月3─4日に変更する方向で検討していたが、イラン石油省傘下のシャナ通信(SHANA)によると、イランのザンギャネ石油相がロシアのノバク・エネルギー相との会談で、7月上旬案には依然反対だが、7月10─12日に変えるなら出席できると伝えたという。

関係者によると、10日に共同閣僚監視委員会、11日にOPECの閣僚級会合、12日にOPEC加盟・非加盟国の共同会合が開催される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below