July 15, 2020 / 3:55 PM / in 24 days

OPECプラス、8月以降の協調減産縮小で合意

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成するる「OPECプラス」は15日、8月から協調減産の規模を縮小することで合意した。ウィーンで4月撮影(2020年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ロンドン/ドバイ/モスクワ 15日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成するる「OPECプラス」は15日、8月から協調減産の規模を縮小することで合意した。世界経済が新型コロナウイルス感染拡大の影響から徐々に回復していることに対応する。ただ、感染拡大の第2波で市場均衡化が阻害される懸念はあるとした。

新型コロナ危機による大幅な需要減少を受け、OPECプラスは5月以降、世界の原油供給の約10%に当たる日量970万バレルの減産を実施してきたが、8月から12月まで減産幅を日量770万バレルに縮小する。

サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相によると、5─6月に過剰生産した産油国が8─9月に追加減産を実施するため、実際の減産幅は日量810万─830万バレル程度と、合意した数値より大きくなる。

アブドルアジズ・エネルギー相は合同閣僚監視委員会(JMMC)の閣僚会議を終え、「協調減産幅の縮小を受け供給は増加するが、需要が回復する中、増加分は吸収される」と述べた。

また、サウジの8月の原油輸出は追加産油量の一部が国内で消費される見込みのため、7月と同水準にとどまるとした。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below