June 22, 2018 / 2:18 PM / 3 months ago

OPEC、日量100万バレルの小幅増産で合意 7月から実施

[ウィーン 22日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)は22日開催した定例総会で、OPEC加盟国とロシアなどの非加盟国が協調し、世界の原油供給量の1%に相当する日量約100万バレル増産で合意した。7月1日から実施する。関係筋2人が明らかにした。

OPEC加盟・非加盟国がこれまでの協調減産を転換して増産に踏み切ることについては、米国による経済制裁を理由にイランが反対姿勢を示していた。ただ、米国や中国、インドなどの原油消費大国から価格抑制や供給逼迫回避に向けた増産要求が高まる中、総会が始まる数時間前に主要産油国サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相がイランのザンギャネ石油相を説得した。

関係筋によると、ベネズエラなど最近生産が落ち込んでいた一部産油国がフル稼働に戻る見通しは立っておらず、他の産油国が不足分を埋め合わせることは認められていないことから、実際の増産量は100万バレルを下回る見通し。

ファリハ氏は今回の合意を調整するため、9月に再度会合を持つ可能性があると語った。

S&Pグローバルの世界石油分析責任者、ゲイリー・ロス氏は今回の増産決定について「足元は十分な量」と指摘。同時に「イランやベネズエラの供給量減を踏まえると、第4・四半期には十分ではなくなる」と述べた。

増産合意を受けて、原油先物価格は約3%上昇。北海ブレント原油先物は一時2.19ドル(約3%)上昇し、最高値となる75.24ドルを付けた。米原油先物も1.80ドル(約2.8%)上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below