for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

OPECプラス、現行の小幅増産維持の公算 1月4日会合で=関係筋

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟で構成する「OPECプラス」は年明け1月4日に開く次回会合で、現行の小幅増産を維持する公算が大きいと、関係筋4人が明らかにした。昨年4月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic/File Photo)

[ロンドン/モスクワ 30日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟で構成する「OPECプラス」は年明け1月4日に開く次回会合で、毎月40バレルずつ増産する現行の小幅増産を維持する公算が大きいと、関係筋4人が明らかにした。

新型コロナウイルスのオミクロン変異株を巡る懸念緩和に伴い、石油需要と価格は回復するとみられている。

関係筋の1人は「現時点で方針に変更があるとは聞いていない」としたほか、残りの3人も現行の計画が変更されることは想定されていないと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up