for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-OPECプラス、共同閣僚監視委を27日に開催へ 1日前倒し

(情報を追加します)

[ドバイ/モスクワ/ロンドン 27日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」は、予定を1日前倒して27日に共同閣僚監視委員会(JMMC)の会合を開催する。関係者が語った。ロイターもOPECプラスの文書を確認した。

OPECプラスの合同専門委員会(JTC)は26日、今年の世界石油需要の伸び見通しを据え置く一方、インドやブラジル、日本などでの新型コロナウイルス感染の急増に懸念を示した。

関係筋によると、28日に予定されているフルの閣僚級会合を予定通り開催するのか、5月末以降に延期するかは不明。今後3カ月間の生産方針については、おおむね合意が成立している。

OPECプラスは現在、サウジアラビアの自主減産(日量100万バレル)を含めて、日量約800万バレルの減産を実施している。

OPECプラスは今月、5ー7月に生産量を日量210万バレル増やし、減産幅を日量580万バレルにすることで合意した。

OPECプラスは26日、今年の世界の石油需要が日量約600万バレル増加するとの見通しを据え置いた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up