June 24, 2019 / 8:59 AM / 4 months ago

原油生産を巡る国際協力、かつてないほど重要に=ロシア

[サンクトペテルブルク 24日 ロイター] - ロシアのノバク・エネルギー相は24日、原油生産を巡る国際協力が石油市場の安定に寄与してきたとし、国際協力がかつてないほど重要になっているとの認識を示した。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国は来月1─2日に会合を開き、今月末で終了する協調減産を継続するかどうかを決める。

同相はサンクトペテルブルクで開催されたエネルギーフォーラムで「現在、かつてないほど国際協力が重要になっている」と発言。「OPEC加盟国と非加盟国の間で石油市場のバランスを取ることについては、協力が成功した良い事例がある。現在、協調行動のおかげで、世界の石油市場の安定、石油セクターの投資先としての魅力度アップ、投資収益率の上昇が実現している」と述べた。

同相は、国際市場では勢力争いが過熱しているとも指摘。「消費者を勝ち取るための戦いで、非経済的な手段が利用される例が増えている」と述べた。

ロシア政府は、米国が関税と制裁を利用してエネルギー輸出のシェア拡大を目指していると批判している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below