March 2, 2020 / 4:28 PM / a month ago

ロシア、協調減産日量60万バレル拡大案を検討=エネルギー相

ロシアのノバク・エネルギー相は2日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」の協調減産について、これまでに示された日量60万バレル拡大する案を検討していると述べた。アリメチエフスク近郊で2017年7月撮影(2020年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[モスクワ 2日 ロイター] - ロシアのノバク・エネルギー相は2日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」の協調減産について、これまでに示された日量60万バレル拡大する案を検討していると述べた。日量100万バレル拡大する案については通知を受けていないとしている。

原油市場では新型コロナウイルスの感染拡大で需要が減退するとの観測が出ており、OPECプラスは5─6日にウィーンで開く会合でこうした状況への対応を協議する。

OPECプラスは現在、3月末を期限として日量170万バレルの協調減産を実施。OPECプラスの合同専門委員会(JTC)は2月、新型ウイルスの感染拡大に対応するために協調減産規模を暫定的に日量60万バレル拡大することを提案した。JTCは週内に再度会合を開く。

ノバク・エネルギー相は記者団に対し「ロシアはJTCの提案を検討している」と表明。協調減産規模を日量100万バレル拡大する案についてはロシアはこれまでのところ通知は受けていないと述べた。

関係筋によると、新型ウイルスの感染拡大を受け原油価格が1バレル=50ドルを下回ったことで、サウジアラビアを含む一部OPEC加盟国が減産規模の日量100万バレル拡大を提案している。

ロシアのプーチン大統領は1日、ロシアは最近の原油安に対処できるとしながらも、追加減産を目指すOPECに協力する可能性も示唆した。

ロシア経済省が2日に発表した統計によると、ロシアの2月の産油量は日量1129万バレルと、前月からほぼ横ばいだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below