September 18, 2018 / 10:31 AM / a month ago

70─80ドルの原油価格は一時的、制裁によるもの=ロシア・エネ相

[ゴーリキー(ロシア) 18日 ロイター] - ロシアのノバク・エネルギー相は18日、バレル当たり70─80ドルに上昇した原油相場について、制裁を反映した一時的な現象だと指摘した上で、長期的な価格はバレル50ドル付近との見解を示した。

50ドルの予想は、アナリストと石油会社の見通しに基づいていると説明した。

2018年のロシアの原油生産に関しては、合計で5億5300万トン(日量1110万5000バレル)と予想し、2021年の生産は5億7000万トンに増加するとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below