December 27, 2019 / 8:44 AM / a month ago

OPECプラス、協調減産終了を2020年に検討も=露エネルギー相

 12月27日、ロシアのノバク・エネルギー相は、石油輸出国機構(OPEC)にロシアなどの主要産油国を加えた「OPECプラス」が協調減産を終了することを2020年に検討する可能性があるとの見解を示した。写真はブリュッセルで10月撮影(2019年 ロイター/Yves Herman)

[モスクワ 27日 ロイター] - ロシアのノバク・エネルギー相は27日、石油輸出国機構(OPEC)にロシアなどの主要産油国を加えた「OPECプラス」が協調減産を終了することを2020年に検討する可能性があるとの見解を示した。

同相は国営テレビ「ロシア24」に対し、「減産に関する限り、無期限のプロセスではないということをもう1度言っておく。市場シェアを維持し、企業が将来のプロジェクトを提供し、実行できるよう、終了の決定を段階的に下していかなければならない」と語った。

OPECプラスは2017年以降、国際石油市場の需給のバランスを取り、価格を支えるために協調減産を実施している。

同相は、国際石油市場は現在、大体安定しているとの見解を示し、OPECとOPEC以外の産油国の協力を評価した。

夏になってドライブシーズンが到来すれば石油需要は増える可能性があるとも述べた。

OPECプラスは今月6日、日量120万バレルとしている協調減産の規模を170万バレルに拡大し、年明け1月以降、3月まで実施することで合意した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below