June 25, 2019 / 12:20 AM / a month ago

協調減産継続の是非、結論出すのは時期尚早=ロシア・エネルギー相

 6月24日、ロシアのノバク・エネルギー相は、石油輸出国機構(OPEC)と一部産油国による協調減産が今年下半期も継続するかどうか明言するのは時期尚早だと語った。写真はペテルブルグで6日に撮影(2019年 ロイター/Maxim Shemetov)

[サンクトペテルブルク 24日 ロイター] - ロシアのノバク・エネルギー相は24日、石油輸出国機構(OPEC)と一部産油国による協調減産が今年下半期も継続するかどうか明言するのは時期尚早だと語った。

ノバク氏は記者団に対し、今年7─9月期および10─12月期の原油需要はまだ不透明とした上で、ロシア・エネルギー省は減産合意に関する今後の方針について国内エネルギー企業と協議中と明らかにした。

その上で協調減産の延長について、「結論を出すには早すぎる」と強調。「G20首脳会議を待つ必要がある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below