December 23, 2019 / 9:58 AM / 8 months ago

OPECプラス、来年3月に減産縮小検討する可能性=露エネルギー相

[モスクワ 23日 ロイター] - ロシアのノバク・エネルギー相は23日放送のテレビインタビューで、石油輸出国機構(OPEC)にロシアなどの主要産油国を加えた「OPECプラス」が来年3月の会合で減産規模の縮小を検討する可能性があると述べた。

OPECプラスは今月、1月から実施している協調減産を来年3月まで延長し、かつ減産規模を拡大することで合意した。それ以降については、3月初めに検討することにしている。

ノバク氏は、前週収録されたRBCテレビとのインタビューで「割り当ての段階的な緩和や合意の延長など、いかなる選択肢も検討可能」と述べたうえで「すべては、3月にどのような状況になっているかや、それ以降の予想次第になる。現時点で、市場の状況は概ね安定している」と語った。

OPECとの協調については、有効で成果が出る限り、市場が必要としている間は、維持されるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below