June 15, 2018 / 9:39 PM / 5 months ago

ロシアとサウジ、「OPECプラス」の枠組み延長で基本合意

[モスクワ/ドバイ 15日 ロイター] - ロシアとサウジアラビアは、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国による「OPECプラス」の枠組みを制度化し、2019年以降も原油市場の監視と必要に応じた共同対応を延長すべきとの考えで基本的に一致した。ロシアのエネルギー省が15日明らかにした。

またノバク・エネルギー相は同省の声明で、ロシアとサウジがエネルギー分野での協力を新たな水準につなげる相互協定を計画していると述べた。

サウジの原油政策に詳しい湾岸諸国の関係筋によると、今月22日にウィーンで開かれるOPEC加盟国と非加盟国による会合では、原油市場の再均衡化を確かなものにする「複数の選択肢を検討する」という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below