October 1, 2019 / 2:21 AM / 15 days ago

OPEC9月産油量、8年ぶり低水準 サウジ石油施設攻撃響く=調査

 9月30日、ロイターの調査によると、石油輸出国機構(OPEC)の9月の産油量は日量2890万バレルと、前月から同75万バレル減少し、2011年以来8年ぶりの低水準となった。写真は7月にウィーンのオペック本部で撮影(2019年 ロイター/Lisi Niesner)

[ロンドン 30日 ロイター] - ロイターの調査によると、石油輸出国機構(OPEC)の9月の産油量は日量2890万バレルと、前月から同75万バレル減少し、2011年以来8年ぶりの低水準となった。

9月はサウジアラビアの石油施設が攻撃を受けて生産が一部中断されたことから、OPEC加盟国による協調減産と米国の対イラン・ベネズエラ制裁の影響が顕著に表れた。

OANDAのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は「トレーダーは原油のリスクプレミアムを特に気にしていない。市場の関心は、需給とさらなる格下げリスクに再びシフトしている」と述べた。

OPEC加盟国とロシアを中心とした非加盟国は昨年12月、合わせて日量120万バレルの減産を今年から実施することで合意した。

OPEC加盟14カ国のうち、イラン、リビア、ベネズエラを除く協調減産に参加している11カ国は目標を上回る減産を行っている。9月の減産順守率は218%で、8月の131%から上昇した。

9月の産油量の減少幅が最大だったのはサウジアラビアで、前月から70万バレル減。9月の産油量は日量905万バレルだった。国営石油会社サウジアラムコが原油在庫を放出しなければ、減少幅はさらに拡大していた。関係筋によると、サウジの産油量は日量850万─860万バレルという。

ベネズエラの9月の産油量は一段と減少。イラクは原油輸出を減らした一方、ナイジェリアの産油量はやや増え、減産目標を依然上回る水準だった。リビアの産油量も増加した。

このほか、アラブ首長国連邦(UAE)の産油量は前月とほぼ変わらず、クウェートは小幅に増加した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below