January 6, 2020 / 4:31 PM / 19 days ago

OPEC産油量、12月は前月比減少 ナイジェリアなど減産順守

 6日、ロイター調査によると、石油輸出国機構(OPEC)の12月産油量は平均で日量2950万バレルと前月改訂値から5万バレル減少したことが分かった。写真はOPECのロゴ。2018年12月撮影(2020年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ロンドン 6日 ロイター] - ロイター調査によると、石油輸出国機構(OPEC)の12月産油量は平均で日量2950万バレルと前月改訂値から5万バレル減少した。ナイジェリアとイラクが減産協定順守に取り組んだほか、サウジアラビアが新たな協調減産実施に先立ち、前倒しで生産量を削減したという。

原油価格はOPEC主導の減産や中東情勢の緊迫化を背景に2019年に23%上昇。今年に入り1バレル=70ドル超えとなっている。

PVMのスティーブン・ブレンノック氏は「先を見据えれば、地政学的なリスクが投資家の懸念の中心であり続けるだろう」と指摘。「副次的な影響により石油供給が混乱に陥るかどうかを見極めたい」と述べた。

調査によると、12月の減産順守率は158%と11月の153%から上昇した。

OPECにロシアなど非加盟国を加えた「OPECプラス」は昨年12月、日量120万バレルだった協調減産の規模を50万バレル拡大し170万バレルとすることで合意した。今年1月から3月まで実施する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below