April 30, 2019 / 4:21 PM / in 3 months

OPECの4月産油量、4年ぶり低水準 イラン・ベネズエラ供給減

[ロンドン 30日 ロイター] - ロイターがまとめた調査結果によると、石油輸出国機構(OPEC)の4月産油量は日量3023万バレルで、3月から同9万バレル減って2015年以来4年ぶりの低水準を記録した。制裁を受けるイランやベネズエラの供給が減り、サウジアラビアも生産を抑えた。

イランの供給減少が日量15万バレルと、加盟国中最大だった。原油輸出も大きく落ち込んだ。米制裁強化を控え、買い手が購入量を減らす状況がうかがえる。

ベネズエラの供給量は日量10万バレル減少、国営ベネズエラ石油(PDVSA)に対する米制裁や長期減産の影響が出た。

サウジアラビアと湾岸同盟国が、合意水準以上に供給を減らし続けていることも示された。

OPECは昨年、ロシアなど非加盟産油国と減産で合意。今年から加盟11カ国(イラン、リビア、ベネズエラは対象外)が日量80万バレルの減産を目指している。4月は11カ国の減産履行率が132%に達した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below