for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

OPEC産油量、5月は日量28万バレル増加=ロイター調査

[ロンドン 31日 ロイター] - ロイターの調査によると、5月の石油輸出国機構(OPEC)の産油量は日量2552万バレルと、前月から28万バレル増加した。

OPECにロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」は5月の協調減産幅を前月から日量27万7000バレル縮小することで合意。これとは別にサウジアラビアも同25万バレルの減産縮小を行うとしていた。

OPECの減産順守率は122%。前月は123%だった。

国別ではサウジが日量34万バレル増加。イラクは同7万バレル、リビアは同6万バレル増えた。一方、ナイジェリアは同11万バレル、イランは同10万バレル減少した。

OPECプラスは6月1日の会合で、協調減産の段階的な縮小方針を確認する見込みだ。複数の関係筋が31日、明らかにした。

コメルツ銀のオイゲン・バインベルク氏は「あすの会合を前に、石油市場は非常に良い状態にあるように見える。移動の制限が残っているにもかかわらず、石油需要は世界中でダイナミックに回復している」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up