Reuters logo
原油増産凍結めぐり4月にドーハで会合、イラン抜きでも開催へ
2016年3月16日 / 08:21 / 2年前

原油増産凍結めぐり4月にドーハで会合、イラン抜きでも開催へ

[ 16日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)筋によると、OPEC加盟の湾岸諸国を含む複数の産油国は、増産凍結をめぐる協議をイラン抜きで4月に開催する案を依然支持している。

 3月16日、石油輸出国機構(OPEC)筋によると、OPEC加盟の湾岸諸国を含む複数の産油国は、増産凍結をめぐる協議をイラン抜きで4月に開催する案を依然支持している。写真はソウルで2011年4月撮影(2016年 ロイター/Lee Jae Won)

カタールのアル・サダ・エネルギー相は声明で、OPECと非加盟産油国が4月17日にカタールの首都ドーハで会合を開くと明らかにした。2月にサウジやロシアなど主要産油国が合意した原油増産凍結について協議する。

同相は「世界の原油生産の73%程度を占めるOPEC、および非加盟の約15の産油国がこの取り組みに賛同している」とした。

ロシアのノバク・エネルギー相も14日、イラン抜きで4月に合意が成立する可能性があると発言している。

あるOPEC筋は「(イランの不参加は)一歩後退だが、必ずしも前向きな雰囲気を変えるものではない。主要産油国の間で会議開催をめぐる協議が続いている」と述べた。

イランは、制裁導入前の産油量を回復するまで増産凍結協議に参加しない姿勢を示している。

別のOPEC筋は、原油相場が1月の安値から持ち直す中、回復基調を阻害しないためにも合意を撤回することは難しいだろうと話した。

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below