June 17, 2019 / 5:13 PM / a month ago

原油価格予想を下方修正、貿易戦争激化で需要減退=バンカメメリル

[17日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(バンカメメリル)は、貿易戦争の激化で世界的な経済見通しが悪化し原油需要が減退するとして、今年下半期と来年の原油価格の見通しを下方修正した。

バンカメメリルは14日付の報告書で、北海ブレント先物LCOc1は下半期は1バレル=63ドルで推移すると予想。従来見通しの68ドルから引き下げた。

米WTI先物CLc1についても56ドルとし、58ドルから下方修正。「2020年に向け米国の供給は増加し続けるとみているが、需要動向を反映し、伸びは減速すると予想している」とし、「需要減に伴い原油価格が低下し、米シェールオイル供給の伸びを抑制する方向に働く」との見方を示した。

世界的な原油需要の伸びの予想も下方修正し、19年は日量93万バレル、20年は日量100万バレルとした。

原油価格が軟調な状態は20年に入ってからも継続するとし、来年は北海ブレント先物は60ドル、米WTI先物は54ドルで推移するとした。従来見通しはそれぞれ65ドル、60ドルだった。

バンカメメリルは「米国が対中関税を一段と引き上げれば世界的な経済見通しが悪化するだけでなく、中国とイランの協力関係が強まる公算がある」と指摘。中国がイラン産原油を選好すれば、米WTI先物は40ドルまで下落する可能性があるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below