November 14, 2018 / 8:44 PM / a month ago

原油先物上昇、OPEC加盟・非加盟国が減産で合意との観測

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 14日のニューヨーク時間の取引で原油先物が約2%上昇し、前日の下落を一部回復した。石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国が来月の会合で減産で合意するとの観測高まっていることが背景。

米東部時間午後の取引で北海ブレント先物LCOc1は1.03ドル(1.6%)高の1バレル=66.50ドル。一時は67.63ドルまで上昇した。

米原油先物CLc1は0.85ドル(1.5%)高の56.54ドル。前日の取引では2017年11月以来の安値を付けていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below