January 22, 2020 / 2:32 AM / a month ago

20年の石油需要の伸びを上方修正、世界経済回復で=バークレイズ

[21日 ロイター] - 英金融大手バークレイズは21日付のリポートで、2020年の石油需要の伸びは日量140万バレルと、従来予想から5万バレル引き上げた。19年の日量90万バレルを上回る。世界経済の回復が見込まれることが背景。

バークレイズは石油需要の増加はアジアや中南米の新興国がけん引すると予想。需要の伸びを最も大きく支えるのはインドで、同国の20年の石油需要の伸びは前年から日量25万バレル拡大すると見通した。

また先週の米中貿易協議「第1段階」合意を受け、両国の石油需要も拡大すると指摘。「米中合意で投資に関する先行き信頼感が高まり、生産活動の伸びにつながる可能性もある」と分析した。 20年の原油相場については従来予想を据え置いた。北海ブレントは1バレル=62ドル、米国産標準油種WTIは57ドルとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below