January 20, 2020 / 4:41 PM / a month ago

バンカメ、20年原油価格見通し上げ 需要増や協調減産順守などで

バンク・オブ・アメリカ・グローバル・リサーチは20日、2020年の原油価格見通しを引き上げた。仏ボルドーで昨年9月撮影(2020年 ロイター/REGIS DUVIGNAU)

[20日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ・グローバル・リサーチは20日、2020年の原油価格見通しを引き上げた。中東地域の原油供給を巡るリスクや原油需要見通しの改善、石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟国を加えた「OPECプラス」による協調減産の順守率上昇などを理由に挙げた。

バンカメ・グローバル・リサーチのアナリストはノートで、今年の北海ブレント原油価格は1バレル=平均62ドルと予想し、従来の60ドルから引き上げ。米WTI価格も57ドルと、54ドルから引き上げた。

今年の世界原油需要見通しは日量110万バレル増とした。

また、とりわけ上期の供給過剰は抑制される見通しとし、需給見通しに基づく過剰分は日量19万バレルと予想した。

今年下期の北海ブレント価格については、マクロ経済見通しの改善などを踏まえ、1バレル=70ドルに維持した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below