September 11, 2019 / 2:34 AM / 3 months ago

米ゴールドマン、19年の石油需要の伸びを下方修正

 9月10日、米金融大手ゴールドマン・サックスは9日付のリポートで、2019年の石油需要の伸びは鈍化すると予測した。写真は2016年5月にシドニーで撮影(2019年 ロイター/David Gray)

[10日 ロイター] - 米金融大手ゴールドマン・サックス(GS.N)は9日付のリポートで、2019年の石油需要の伸びは鈍化すると予測した。インドや日本、その他の経済協力開発機構(OECD)非加盟のアジア各国、中東、南米での需要減が要因という。

ゴールドマンは19年の石油需要の伸びに関する見通しを日量110万バレルから100万バレルに下方修正した。一方、20年の需要の伸びは日量140万バレルで据え置いた。

20年の北海ブレント価格見通しは1バレル=60ドルで維持。市場シェアを犠牲にし、減産に取り組んでいる石油輸出国機構(OPEC)の産油国の意図に疑問を投げ掛ける形だ。

ゴールドマンのアナリストは、「20年の原油需給見通しを踏まえると、通常の在庫水準を維持するには、OPECの追加減産が求められる」と指摘した。

*見出しの脱字を補いました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below