November 28, 2014 / 11:43 PM / 4 years ago

北海ブレント、投機筋は第1四半期65ドルへの下落予想が優勢

 11月28日、インターコンチネンタル取引所(ICE)のオプション取引データによると、投機筋の間では、来年第1・四半期に北海ブレント先物が1バレル=65ドルに下落するとの見方が優勢となっていることが分かった。写真は10月14日、米カリフォルニア州で(2014年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ロンドン 28日 ロイター] - インターコンチネンタル取引所(ICE)のオプション取引データによると、投機筋の間では、来年第1・四半期に北海ブレント先物LCOc1が1バレル=65ドルに下落するとの見方が優勢となっている。

27日開催の石油輸出国機構(OPEC)総会前に減産見送りとの観測が高まったことで、こうしたポジションが膨らんだ。

北海ブレント先物は総会後に6ドル超下げ、28日にはバレル当たり71.12ドルと、4年ぶり安値を更新した。

ICEの建玉残高データ(11月26日まで)によると、2015年3月限で1バレル=65ドル水準のプットオプション建玉は1万5673枚に急増した。11月初旬はほぼゼロに近かった。

2、3、4月限の65ドルのプットは計3万5323枚と、70ドル、80ドルのプットを上回った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below