September 2, 2019 / 2:04 AM / 21 days ago

原油先物が下落、米中による新たな関税発動で

 9月2日、アジア時間の原油先物は下落。米中両政府が1日に互いの輸入品に対する追加関税を発動したことを受け、世界経済や原油需要にさらなる悪影響が及ぶとの懸念が強まった。写真はメキシコ国営会社の製油所。2016年4月、グアナフアト州で撮影(2019年 ロイター/Edgard Garrido)

[東京 2日 ロイター] - アジア時間の原油先物は下落。米中両政府が1日に互いの輸入品に対する追加関税を発動したことを受け、世界経済や原油需要にさらなる悪影響が及ぶとの懸念が強まった。

午前9時41分時点で北海ブレント原油先物LCOc1は0.42ドル(0.7%)安の1バレル=58.83ドル。

米WTI原油先物CLc1は0.27ドル(0.5%)安の54.83ドル。

米国が1日発動した第4弾の対中関税は靴、スマートウオッチ、薄型テレビなどが対象。中国も同時に米国産の原油などに報復関税を課した。

一方、トランプ米大統領は、9月の米中通商協議は予定通り行うと述べた。[nL3N25S0B6]

米国産原油が中国の報復関税の対象となったのは、約1年前に米中貿易戦争が勃発して以降で初めて。

アクシトレーダーのアジア太平洋市場ストラテジスト、スティーブン・イネス氏は「貿易・関税問題の悪影響が石油市場に波及するのは避けられない。貿易を巡る不透明感が残る限り、世界の石油需要減退リスクの懸念は払拭するのが難しいだろう」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below