August 5, 2019 / 8:52 PM / 2 months ago

北海ブレント3%安、米中貿易戦争で原油需要減退懸念

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 米国時間の北海ブレント先物は約3%下落した。トランプ米大統領が前週に対中追加関税措置の発動を発表したことで、世界的な経済成長に対する懸念が出ていることが背景。

清算値は北海ブレント先物LCOc1が2.08ドル(3.36%)安の1バレル=59.81ドル。米WTI原油先物CLc1が0.97ドル(1.74%)安の54.69ドル。米WTI原油先物は、指標原油の受け渡し場所であるオクラホマ州クッシングの原油在庫が減少したことが支援要因となった。

リッターズブッシュ・アンド・アソシエーツのジム・リッターズブッシュ氏は「(米中)貿易戦争で、今年と来年の世界的な原油需要の見通しが下方修正される公算が大きい」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below