February 5, 2016 / 9:08 AM / 4 years ago

米動物シェルターが銃で犬を殺処分、住民から激しい非難

[オクラホマ市 4日 ロイター] - 米オクラホマ州の動物保護施設(シェルター)に保護されていた犬が、銃で撃たれて「安楽死」させられていたことを受け、近隣住民から激しい非難の声が上がっている。

人口約4200人のブリストウ町の住民は、同施設が過去1週間で少なくとも3匹の犬を撃って殺したとして、銃を使った殺処分をやめさせるよう町長に求めていた。

町長は4日、施設が調査を受けている間、銃は使用されないと強調。「犬を撃つことは一般的なことではなく、これは珍しいケースだ」と述べた。

州の法律は、動物の安楽殺処分は人道的な方法で行うと規定しているが、具体的な方法は示していない。

町長は地元メディアに対し、こうした動物を銃で撃つことは違法ではないと指摘。犬を獣医に連れて行って安楽殺処分するか、または自身で銃を使用するかは担当者が判断した、と述べた。住民の女性は、銃で撃った方が「安く済む」ため、担当者がこの方法を選んだとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below