July 30, 2020 / 8:22 AM / 6 days ago

オリエンタルランド、4―6月期249億円の赤字 パークの休業響く

 7月30日、オリエンタルランドは、2020年4―6月期の連結営業損益が156億円の赤字だったと発表した。写真は1日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 30日 ロイター] - オリエンタルランド(4661.T)は30日、2020年4―6月期の連結純損益が249億円の赤字(前年同期は229億円の黒字)だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受け主力事業のテーマパークとホテルを臨時休業したことが大きく響いた。休業に伴う人件費や減価償却費など一部の固定費211億円を特別損失として計上した。連結営業損益は156億円の赤字(同319億円の黒字)だった。

事業別にみると、主力である「テーマパーク事業」の営業損益が114億円の赤字(同271億円の黒字)となった。「ホテル事業」も31億円の赤字(同37億円の黒字)だった。東京ディズニーリゾートは、2月末から約4カ月間休園していた。

6月30日時点の手元資金は1781億円で、3月時から約800億円減少した。

通期見通し引き続き未定とした。7―9月業績発表時に開示する予定。リフィニティブがまとめたアナリスト13人による連結純利益の予測平均値は285億円となっている。

東京ディズニーリゾートは7月1日から営業を再開しているが、入園者数を制限し営業時間を短縮している。レジャーに対する消費マインドの動向など外部環境次第では「通常レベルの営業に至るまでに期間を要する可能性がある」とし、7―9月期以降の業績にも重要な影響が見込まれるとしている。

*内容を追加しました。

新田裕貴 編集:内田慎一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below