for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

五輪=ロシア金メダル候補が禁止薬物違反で暫定資格停止─報道

 重量挙げの世界選手権で5回優勝し、五輪銀メダリストのタチアナ・カシリナが、ドーピング防止規則違反により暫定的な資格停止処分を受けた。米テキサス州ヒューストンで2015年11月撮影(2020年 ロイター/Thomas B. Shea-USA TODAY Sports)

[20日 ロイター] - 重量挙げの世界選手権で5回優勝し、五輪銀メダリストのタチアナ・カシリナ(29、ロシア)が、ドーピング防止規則違反により暫定的な資格停止処分を受けた。タス通信が20日に報じた。

2012年ロンドン五輪で銀メダルを獲得し、世界選手権では2010年から18年の間に5つの金メダルを手にしたカシリナは、来年行われる東京五輪の金メダリスト候補の1人と目されていた。

報告書によると、カシリナは世界反ドーピング機関(WADA)がモスクワの施設から回収した12年から15年までのドーピング検査の結果を精査した後、今回の処分に至った。2021年4月まで行われる五輪予選への出場が禁じられることになる。

カシリナは以前にも、ドーピング違反により06年から08年まで2年間の資格停止処分を受けていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up