for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

五輪=IOC会長、選手のワクチン接種を推奨「連帯の証明」

 IOCのトーマス・バッハ会長は17日、新型コロナウイルスのワクチン接種が可能となった場合、来夏の東京五輪に向けて選手たちに推奨すると語った。代表撮影(2020年 ロイター)

[東京 17日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は17日、新型コロナウイルスのワクチン接種が可能となった場合、来夏の東京五輪に向けて選手たちに接種を推奨すると語った。

2020年東京五輪は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響で来年7月23日開幕に延期となった。大会には1万1000人以上の選手、その後のパラリンピックには数千人の選手が參加する見込みとなっている。

2日間の日本訪問で選手村などを訪れたバッハ会長は、新型コロナウイルスのワクチン接種が可能となった場合、選手らに強制することはないとしつつも、「アスリートの接種を推奨する。なぜなら、彼らの健康にとっても良いことであるし、同じアスリートの仲間や日本人との連帯の証明になるからだ」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up