Reuters logo
五輪=ロシアのスキー選手2人が失格処分、ドーピング違反で
2017年11月2日 / 01:34 / 17日後

五輪=ロシアのスキー選手2人が失格処分、ドーピング違反で

[ベルリン 1日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)は1日、2014年ソチ冬季五輪のクロスカントリースキー男子50キロで金メダルを獲得したアレクサンドル・レグコフらロシアの2選手を失格とし、永久追放処分にすると発表した。

 11月1日、国際オリンピック委員会は、2014年ソチ冬季五輪のクロスカントリースキー男子50キロで金メダルを獲得したアレクサンドル・レグコフ(写真)らロシアの2選手を失格とし、永久追放処分にすると発表。ソチで2014年2月撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

IOCはロシアの国ぐるみのドーピング問題を受けてソチ大会で採取した同国選手の検体を再検査している。

レグコフが男子40キロリレーに出場して獲得したロシアの銀メダルもはく奪される。クロスカントリースキーの男子2種目に出場したエフゲニー・ベロフも失格となった。同選手はメダルは獲得しなかった。

ロシアのクロスカントリースキー連盟は処分を不服とし、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えを行う準備中だと声明を発表した。

IOCは来年2月に開幕する平昌大会へのロシア選手の参加について、12月5日に始まる理事会で決断を下すと述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below