for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

組織委会長後任、川淵氏が要請辞退の意向 橋本五輪相が浮上=報道

 2月12日、朝日新聞など国内メディアは、辞任を表明する見通しの東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の後任として調整が進んでいた川淵三郎氏が、就任要請を辞退する意向を固めたと報じた。写真は橋本聖子五輪担当相。2日都内での代表撮影(2021年/ロイター)

[東京 12日 ロイター] - 朝日新聞など国内メディアは12日、辞任を表明する見通しの東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の後任として調整が進んでいた川淵三郎氏が、就任要請を辞退する意向を固めたと報じた。共同通信は、後継候補に橋本聖子五輪担当相が浮上したと伝えている。

これより先、FNNオンラインは、森会長の後任に川淵氏を起用する案について、政府が白紙とするよう組織委員会に働きかける検討に入ったと伝えていた。

国民の間に反発する声があることを踏まえたもので、政府の意思が尊重される場合、川淵氏の会長起用は見送られ、女性を会長とすることも含め検討される見通しという。

五輪の開催都市である東京都の小池百合子知事は同日午後の会見で、「世界から注目を集めているのは、今後の会長職がどう決まっていくのか、そして誰なのかだと思う」と発言。「どのような決め方にしていくのか、手続きの透明性なども世界が見ている」と語った。

加藤勝信官房長官も12日午前の会見で、透明性ある形で対応すべきとの認識を示した。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up