February 22, 2018 / 5:38 AM / 3 months ago

北朝鮮、五輪閉会式に金英哲・労働党副委員長を派遣=韓国統一省

[ソウル 22日 ロイター] - 韓国統一省は22日、北朝鮮が平昌冬季五輪の閉会式に、朝鮮労働党中央委員会の金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長らを派遣する予定だと明らかにした。

 2月22日、韓国統一省は、北朝鮮が平昌冬季五輪の閉会式に、朝鮮労働党中央委員会の金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長らを派遣する予定だと明らかにした。写真は2007年12月、板門店で行われた南北長官級会談に参加する同副委員長(左)。代表撮影(2018年 ロイター)

同省の発表文によると、副委員長ら北朝鮮代表団は陸路で訪韓し、25日から3日間滞在するもよう。

副委員長と代表団は、滞在中に韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会見する予定だという。具体的な日程は明らかにされていない。

トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官もほぼ同時期に韓国を訪問し、23日夜に文大統領と青瓦台(大統領府)で会食する予定だが、米政府高官によると北朝鮮当局者と面会する計画はない。

金英哲氏は人民軍偵察総局の総局長を務め、2010年に韓国海軍哨戒艦「天安」号が沈没し46人の死者を出した事件にかかわったとみられている。

金氏は米韓の制裁対象となっているが、韓国大統領府筋は五輪のために受け入れる方針を決めたと明らかにした。韓国は米国に金氏の訪問計画を伝え、同氏の入国について協議しているという。

北朝鮮代表団には金氏のほか、祖国平和統一委員会の李善権委員長が加わる。李氏は今月、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長と共に五輪の開会式に合わせて訪韓した。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below