for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京五輪、感染対策で世論の慎重論払拭期待=IOCコーツ氏

 東京五輪・パラリンピックの準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ調整委員長は、日本国民の大半が依然、開催に反対しているが、新型コロナウイルス感染リスクを最小限に抑える取り組みが認識されムードが変わることを期待すると述べた。東京で14日撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[14日 ロイター] - 東京五輪・パラリンピックの準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ調整委員長は、日本国民の大半が依然、開催に反対しているが、新型コロナウイルス感染リスクを最小限に抑える取り組みが認識されムードが変わることを期待すると述べた。

東京五輪の開会式まであと100日となり、コーツ氏はメディア向けのオンライン会見で、松山英樹選手のマスターズ・トーナメント優勝など日本人アスリートの成功が五輪支持を高めるだろうとの見方を示した。

一部専門家は、東京が新型コロナ感染第4波と呼べる状況となっていると指摘する。コーツ氏は、東京五輪中止の話はあるかとの質問に「全くない。日本側は中止を考えていない」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up