for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

森会長発言、スポーツ界全体に改革が必要な証拠=英慈善団体

[ロンドン 4日 ロイター] - 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)の女性蔑視発言を巡り、スポーツを通じて性差別の撲滅を目指す英国の慈善団体「ウィメンズ・スポート・トラスト」の代表、タミ―・パーラー氏は、スポーツ界全体に改革が必要なことの証左だと述べた。

パーラー氏はロイターとのインタビューで「あのコメントについて私が話したアスリートは本当に信じられないと述べたが、このような態度、この種のコメントは、何年も何十年も水面下で起きてきた」と指摘。

トップアスリートが参加するインターネット交流サイト(SNS)でもこの話題で持ち切りだったが、状況はネガティブなものばかりではないという。パーラー氏は「この件が取りざたされていることは、これについて話す機会が提供されているということだ」と指摘。原因はシステム全体にわたってダイバーシティ・アンド・インクルージョン(多様性の認知や差別ない処遇)が十分でないことが原因であり、コメントはそれが表面化したものだ、と述べた。

森会長は3日、日本オリンピック委員会(JOC)臨時評議員会に出席し「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言。女性蔑視だとして内外からの批判を受け、発言を撤回して謝罪していた。

*動画を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up