March 13, 2019 / 2:43 AM / 6 days ago

五輪=20年東京大会まで500日、記念切手発売

 3月12日、2020年東京五輪・パラリンピックを記念した切手シートの販売が始まった。東京で5日撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 12日 ロイター] - 2020年東京五輪・パラリンピックを記念した切手シートの販売が、同五輪開幕まで500日となった12日に始まった。

切手には、公式マスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」のほか、建設中の新国立競技場や大会エンブレムなどがデザインされている。

切手をデザインした玉木明氏は発売前にロイターに対し、「世界中が楽しみにしているので、日本製として誇りに思えるようなスタンプをデザインし、作りたいと思った」とコメント。1964年東京大会時に販売された記念切手からインスピレーションを受けたとしたが、「ただ単に、(1964年の)切手のデザインからインスパイアされたわけではない」と述べ、「その時代のパワーを感じた。それこそが私が強く意識し、受け継ぐべきものだと思った」と続けた。

切手シートは、82円切手10枚セットとなっており、1シート920円で販売。うち100円は寄付金として、大会準備費用に充てられる。

東京五輪は、来年7月24日に開幕する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below