for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

五輪=ロシア水泳2選手が暫定出場停止、ドーピング違反で

 国際水泳連盟は14日、東京五輪に出場予定だったベロニカ・アンドルシェンコ(写真)らロシア2選手を反ドーピング規定に違反した疑いがあるとして、暫定的な出場停止処分とした(2021年 ロイター)

[14日 ロイター] - 国際水泳連盟(FINA)は14日、東京五輪に出場予定だったロシアの選手2人を反ドーピング規定に違反した疑いがあるとして、暫定的な出場停止処分とした。

FINAの声明によると、処分を受けたのはアレクサンドル・クダシェフ(25)とベロニカ・アンドルシェンコ(30)で、世界反ドーピング機関(WADA)が禁止薬物使用の証拠を発見した。モスクワの旧反ドーピング研究所から回収された資料をWADAが調査して見つかったという。

クダシェフは2019年のユニバーシアードで男子200メートルバタフライで優勝し、初めて五輪代表に選出。アンドルシェンコは12年と16年に続く3回目の五輪出場だった。

FINAのフセイン・アルムサラム会長は「FINAは東京五輪をクリーンな大会にするためのWADAの精勤に感謝する」とコメントした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up