June 12, 2019 / 12:09 AM / 7 days ago

東京五輪の表彰台、再生した廃プラで作成へ

 2020年東京五輪の大会組織委員会は、家庭や海から回収した廃プラスチックを再利用して表彰台を作る、五輪として初の試みを明らかにした。写真は同大会のトーチ、1日撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 11日 ロイター] - 2020年東京五輪の大会組織委員会は、家庭や海から回収した廃プラスチックを再利用して表彰台を作る、五輪として初の試みを明らかにした。

組織委によると13日から、イオンの店舗2000店以上に不要なプラスチック製品の回収箱を設置。約100の表彰台を作るのに必要な最大45トンのプラスチックを集める。

このほか、メダルは携帯電話などの電子機器から回収したリサイクル金属、ランナーが着用するユニフォームはペットボトルを一部リサイクルしたものになる予定。

組織委は環境に優しい五輪を目指し、持続可能な変化をもたらす仕組みを模索している。

日本は米国とともに、2018年6月にカナダのシャルルボワで行われた主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、海洋プラスチック憲章に署名しなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below