for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、北京五輪参加巡りパートナー国と協議=国務省報道官

[ワシントン 6日 ロイター] - 米国務省のプライス報道官は6日、2022年の北京冬季五輪について、米国が参加をどのように進めるか同盟国などと協議する意向を示した。

プライス報道官は記者会見で、米政府が「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と見なしている新疆ウイグル自治区におけるウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対する抑圧に言及し、中国政府による人権侵害を巡る懸念を改めて表明。他の国と協調して北京五輪のボイコットの可能性について協議しているかとの質問に対し、「当然、協議したいと考えている。協調的な対応は米国のみならず、同盟国とパートナー国の利益にもなると理解している」と述べた。

報道官はその後、電子メールで、記者会見で言及したのは協調的なアプローチについてで、米政府は協調的なボイコットについて協議しているわけではないと説明した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up