March 1, 2018 / 3:40 AM / 9 months ago

五輪=米五輪委トップが辞任、健康問題を理由に

 2月28日、米国オリンピック委員会のスコット・ブラックマンCEOが、自身の健康問題を理由に辞任すると発表した。米カリフォルニア州レッドウッドシティーで2014年12月撮影(2018年 ロイター/Kyle Terada-USA TODAY Sports)

[デンバー 28日 ロイター] - 米国オリンピック委員会(USOC)のスコット・ブラックマン最高経営責任者(CEO)は28日、自身の健康問題を理由に辞任すると発表した。米国では体操連盟の元チームドクター、ラリー・ナサール被告の性的虐待問題が発覚以降、USOCも批判にさらされていた。

USOCは声明で、ブラックマン氏には現在治療中の前立腺がんに関わる健康問題があると説明。また、この声明のなかで選手たちを虐待から守るための改革の概要も説明した。

USOCの声明では、ブラックマン氏の辞任と体操界の性的虐待問題との関連については言及しなかった。USOCのラリー・プロブスト会長は、「同氏の現在の健康状態から、新たなリーダーを置くことが本人と組織にとって最善」と述べた。

当面は性的虐待問題に対処するための責任者として1月に選任されたスザンヌ・リオンズ理事がCEO代行を務めるという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below