December 19, 2019 / 5:30 AM / a month ago

「近代五輪の父」の原稿が9億円超で落札、スポーツ関連で最高額

 「近代五輪の父」クーベルタン男爵が1892年に五輪開催を提唱した演説原稿が18日競売に掛けられ、880万ドル(約9億6400万円)で落札された。落札額はスポーツ関連では史上最高。写真は国際オリンピック委員会本部に立つクーベルタン男爵の像。6月撮影(2019年 ロイター/Denis Balibouse)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 「近代五輪の父」とされるクーベルタン男爵が1892年に五輪開催を提唱した演説原稿が18日競売に掛けられ、880万ドル(約9億6400万円)で落札された。落札額はスポーツ関連では史上最高だった。

競売会社のサザビーズによると、落札額は最大100万ドルと予想されていたが、3人のバイヤーが12分超にわたって競り合った結果、価格がつり上がったという。

クーベルタン男爵は古代オリンピックの復活を訴え、演説の4年後にアテネ五輪が実現した。

スポーツアイテムのこれまでの最高落札額は、米大リーグで活躍し「野球の神様」と呼ばれたベーブ・ルースが着たニューヨーク・ヤンキースのユニホームの564万ドル。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below