August 6, 2016 / 4:51 AM / 3 years ago

アングル:リオで海賊版の摘発相次ぐ、五輪マークのコカインも

[リオデジャネイロ 2日 ロイター] - オリンピック記念のナンバープレートや、手作り刺繍入り五輪ハンカチはいかが。五輪マーク入りコカインはどうだろうか。

 8月2日、オリンピック記念のナンバープレートや、手作り刺繍入り五輪ハンカチはいかが。五輪マーク入りコカインはどうだろうか。これらはブラジル警察が摘発した海賊版グッズの例だ。写真は7月28日、海賊版の五輪ナンバープレートを売り込むリオデジャネイロの露天商(2016年 ロイター/Sergio Moraes)

これらはブラジル警察が摘発した海賊版グッズの例だ。夏季五輪開幕を5日に迎えるリオデジャネイロでは、五輪マークやマスコットなど、オリンピック・シンボルの無断使用が後をたたない。

ブラジルでは、どんな商品でも、海賊版がトロピカル・フルーツ並みに簡単に手に入る。南米初となるオリンピックの盛り上がりに便乗して一儲けしようと、海賊版の製造販売が横行しており、主催者側は頭を悩ませている。

「便乗しようとする連中だ」。つい最近も20人の捜査チームを率いて街のあちこちで摘発を行い、ありとあらゆる五輪関連グッズの模倣品を押収したバレリア・アラガオン女性警部はそう語る。

直近では、高齢の女性を摘発。この女性は「2016オリンピック」と刺繍したハンカチを、店のウィンドウに並べたところだった。

麻薬対策班の押収物のなかには、密売人が五輪マークで装飾したレンガ状のマリファナ塊やコカインの包みまであったという。

「さまざまな業者が、スポーツ精神やオリンピックの価値観とはほとんど関係のない物を売っている」とリオ五輪の商品ライセンスや小売りを担当するシルマラ・ムルティニ氏は語る。

<カネとスポーツ>

オリンピックは、もちろん、スポーツの祭典であるのと同時に、ビッグビジネスでもある。

五輪グッズ販売の正当な分け前にあずかれるのは、大手多国籍企業であるコカ・コーラ(KO.N)やマクドナルド(MCD.N)、そしてブラジル大手銀行のバンコ・ブラデスコ(BBDC4.SA)といった、スポンサーや現地パートナーである。

それに、ライセンスを受けて5000品目近くの小物、衣類や土産物といったリオ五輪グッズの製造販売を手がける事業者もいる。関連グッズの売り上げは、合計で10億ドル(約1015億円)にも達すると見られている。

しかし、ブラジルではヤミ市場が一大産業となっている。さまざまな業界の試算によると、海賊版の売上げは年間300億ドルをはるかに超えるという。

オリンピック主催者がこの問題に直面するのは、初めてのことではない。2008年の北京五輪のときも、やはり多くの海賊版の製造拠点である中国で取り締まりが展開された。

アラガオン警部率いるチームは先週、有名なコパカバーナとイパネマのビーチ周辺にある観光客向け市場の土産物屋を摘発した。ペン、キーホルダー、Tシャツ、ビーチタオルなど、2300品目以上を押収したという。

「どの業者も、こういうイベントがあると、違法かどうか分かっていても一儲けしたがる」と同警部は言う。

捜査網に引っかかった業者のなかには、さっぱり合点がいかないという者もいる。

「リオ2016。これがどう保護されているというのか。ただ、地名と年を並べただけではないか」。そう憤るのは、コパカバーナで土産物のナンバープレートを売っているワシントン・バルデラマさんだ。先週の摘発で75枚が押収され、600ドルの売上を失ったという。

<摘発はいたちごっこ>

今年5月の法改正で著作権法が強化され、「リオ2016」「オリンピック大会」「リオ・オリンピアード」などの名称と「その他これらの略称又はバリエーション」は、言語を問わず権利保護されることになった。

五輪主催者側は、リオを訪れる観光客が必ず足を運ぶコパカバーナの砂浜海岸に「メガストア」と称する巨大な白いテントをオープンしている。

テントで販売されているのは五輪公式グッズだ。オリンピック模様のビキニ(85ドル)、金属製のミニチュア聖火トーチ(170ドル)、緑と黄の五輪ゴルフ競技ロゴがついたポリエステル製ネクタイ(66ドル)などだ。

「ちょっと高すぎる」。テントを訪れたクリスチャン・クルメナウアーさん(38)は、五輪セーリング競技のロゴがついた40ドルの赤ワインを見ながらそう話す。ブラジル南部にある彼の出身地近くのワイナリーで製造されたものだが、「地元ではもっと安い。ラベルはこんなに格好良くないが」と語る。

海辺を数分ほど歩き、写真撮影向けのポーズをとる怪し気なスパイダーマンと、コパカバーナの有名な彫刻家が制作したという、オリンピックをテーマにした砂の城の横を通り過ぎると、露天商が大きな布の上に衣類を並べ、呼び込みをやっていた。

この露天商は、五輪マークのついた白のポリエステル製Tシャツを約9ドルで売っていた。「メガストア」で売られていたコットン製公式Tシャツの3分の1の値段だ。

 8月2日、オリンピック記念のナンバープレートや、手作り刺繍入り五輪ハンカチはいかが。五輪マーク入りコカインはどうだろうか。これらはブラジル警察が摘発した海賊版グッズの例だ。写真は7月25日、リオデジャネイロで摘発された五輪マークの入ったコカインの袋。地元警察提供(2016年 ロイター/Sergio Moraes/Rio de Janeiro State Police)

「2枚でたった15ドル」という売り口上を始めたとたん、別の露天商が駆け込んできて、市の警備員たちがやって来ると知らせた。もちろん、摘発のためだと彼らはよく分かっている。

「行かなくては」と露天商は叫んだ。「また来るから」と言いながら、布の端をつかみ、さっとまとめて、人々で賑わう海辺に逃げ込んでしまった。

(翻訳:エァクレーレン)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below