July 31, 2019 / 1:43 AM / 4 months ago

五輪=平昌銀のスノーボーダー、がん克服で競技復帰へ

2018年の平昌冬季五輪、スノーボード男子スロープスタイルで銀メダルに輝いたマックス・パロットががんを克服し、8月にノルウェーで開催されるXゲームで競技復帰することを発表した。韓国の平昌で2018年2月撮影(2019年 ロイター/Eric Gaillard)

[30日 ロイター] - 2018年の平昌冬季五輪、スノーボード男子スロープスタイルで銀メダルに輝いたマックス・パロット(25、カナダ)ががんを克服し、8月にノルウェーで開催されるXゲームで競技復帰することを発表した。

Xゲームで5回優勝の実績を持つパロットは1月、ホジキンリンパ腫と診断されたことを明かしていた。

パロットはインスタグラムで「この7カ月間、最善を尽くし、ついにがんに打ち勝ったと言えるようになった。昨シーズン、競技に出ないというのはとても変な感じだった。復帰することにワクワクしている」と待ちきれない様子だった。

カナダの専門家組織Lymphoma Canadaによると、ホジキンリンパ腫は珍しいがんの一種。診断で明らかになるがん全体の0.5%、リンパ腫に限定すると15%を占める程度だという。カナダでは毎年、約900人がホジキンリンパ腫と診断されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below