May 1, 2019 / 10:08 PM / 18 days ago

OPECやロシア、6月会合で協調減産延長目指す=オマーン・エネ相

[ドーハ 1日 ロイター] - オマーンのルムヒ・エネルギー相は1日、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟産油国が6月会合で協調減産の延長を目指すという認識を示した。

米国のイラン産原油全面禁輸方針について、サウジアラビアやロシアなどの主要生産国が市場均衡化に動く公算が大きく、市場での供給不足や供給過剰につながらないと指摘した。

1バレル=70ドルの水準が生産者、消費者にとって適切とし、米国の対イラン政策、ベネズエラ危機などにもかかわらず、この水準で推移する公算が大きいと見通した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below