May 25, 2018 / 12:53 AM / 6 months ago

重要なのは核、拉致問題の前進=米朝会談中止で小野寺防衛相

 5月25日、小野寺五典防衛相は午前の閣議後会見で、米トランプ政権が北朝鮮との首脳会談の中止を決めたことについて、「重要なことは会談の開催自体ではなく、核・ミサイル、拉致問題が前進する機会となることだ」と述べ、理解を示した。写真は昨年8月に防衛省で会見する同防衛相(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 25日 ロイター] - 小野寺五典防衛相は25日午前の閣議後会見で、米トランプ政権が北朝鮮との首脳会談の中止を決めたことについて、「重要なことは会談の開催自体ではなく、核・ミサイル、拉致問題が前進する機会となることだ」と述べ、理解を示した。

さらに同防衛相は、「北朝鮮によるすべての大量破壊兵器、あらゆる弾道ミサイルの、完全な、検証可能な、かつ不可逆的な方法で、廃棄に向けた具体的な行動を引き出していく」とした上で、米国、韓国と連携していく方針を改めて強調した。

また、会談の中止で朝鮮半島情勢が再び緊迫化する可能性もあることから、小野寺防衛相は自衛隊による警戒・監視を継続する考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below