March 7, 2018 / 1:22 AM / 7 months ago

南北の首脳会談合意、日米韓で圧力かける姿勢は変わらず=小野寺防衛相

[東京 7日 ロイター] - 小野寺五典防衛相は7日午前、防衛省内で記者団の取材に応じ、韓国と北朝鮮が首脳会談の開催で合意したことについて、非核化に向けて「日米韓であらゆる方法で圧力を最大限に高めていく姿勢に変わりない」と述べた。

 3月7日、小野寺五典防衛相は午前、防衛省で記者団の取材に応じ、韓国と北朝鮮が首脳会談の開催で合意したことについて、「北朝鮮の意図が明確に分からず、慎重に分析をする必要がある」と語った。写真は昨年8月に会見する同防衛相。東京で撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

小野寺氏は「意味ある対話を行うには、北朝鮮が完全で検証可能な、不可逆的な方法で核・ミサイル計画を放棄にすることを約束し、非核化に向けた具体的な行動を起こす必要がある」と指摘。北が核放棄の約束を反故にしてきた過去に触れ、「まだ北朝鮮の意図が明確に分からないので、どのような状況だったかを慎重に分析する必要がある」と述べた。

防衛省幹部は「これまでも非核化への機運が盛り上がっては、駄目だった。期待はしたいが、楽観はできない」などと語った。

*内容を追加します。

久保信博

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below