for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

OPECとロシア、減産拡大を検討 来年の早い時期に=関係筋

 11月3日、石油輸出国機構(OPEC)とロシアが石油市場の強化に向け、来年の早い時期での減産拡大を検討していることが、OPEC・ロシア双方の関係者の話で分かった。ウィーンで2018年12月撮影(2020年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ロンドン 3日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)とロシアが石油市場の強化に向け、来年の早い時期での減産拡大を検討していることが、OPEC・ロシア双方の関係者の話で分かった。OPEC加盟国とロシアなど非加盟国で構成される「OPECプラス」は11月30日─12月1日に会合を開く。

OPECプラスは日量770万バレルの減産幅を来年1月に200万バレル縮小する予定。ただ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う制限措置がエネルギー需要に影響を与えているため、再考を迫られている。

ロシアの関係者は匿名で「第1・四半期には減産幅を拡大しなければならないようだ」と指摘。OPEC関係者は、現在の減産の延長以外の選択肢が模索されているとした上で、減産拡大はOPECプラス以外の産油国の市場シェア拡大につながるため「難しい選択」になると語った。

これに先立ち、OPEC加盟国のアルジェリアは、OPECプラスが来年1月から予定する減産縮小について、先送りを支持する意向を示した。

国営通信社APSによると、アルジェリアのアタール・エネルギー相は、現在の減産を2021年上期まで延長することを次回OPECプラス会合で検討することが可能だと述べた。

また、新型コロナウイルスの感染第2波は、石油市場が「非常に危険な」状況に直面していることを意味すると話した。

ロシアの石油会社幹部らとノバク・エネルギー相は前日、減産を来年第1・四半期まで延長する可能性について協議した。2人の業界関係者が明らかにした。

*内容を追加しました

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up