October 28, 2016 / 10:21 PM / 3 years ago

OPEC専門家会合、1日目の協議で合意事項なし イラン除外を要請

10月28日、石油輸出国機構(OPEC)はウィーンで開いた専門家会合で9月に暫定合意した減産の詳細をめぐり協議したが、この日の会合では意見の一致は得られなかった。写真は9月28日、アルジェリアで撮影(2016年 ロイター/Ramzi Boudina)

[ウィーン/ドバイ 28日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)は28日、ウィーンで開いた専門家会合で9月に暫定合意した減産の詳細をめぐり協議したが、この日の会合では意見の一致は得られなかった。関係筋によると、産油量の凍結にも反対しているイランが合意事項からの除外を求めていることで協議は難航している。

専門家会合は29日まで2日間にわたって行われ、29日の協議にはOPEC非加盟のロシア、カザフスタン、メキシコ、オマーン、アゼルバイジャン、ブラジル、ボリビアの代表も参加。関係筋によると今回の会合後、各国の産油枠を最終的に決定するために、11月30日のOPEC総会前の同月25日に再び専門家会合が開かれる。

この日の協議は11時間に及んだが、関係筋は「イラン以外とは意見の一致が見られた」としながらも「まだ何も合意事項はない」と述べた。同筋はイランは合意事項からの除外を要請しているとしている。

OPECは9月、加盟国の産油量を日量3250万─3300万バレル近辺に制限することで合意。2008年以来、初めての事実上の減産合意となった。ただイランが除外を要請するなど、当初から足並みは揃っていなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below