for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

OPEC基金、初の起債で10億ドル調達

 1月20日、石油輸出国機構(OPEC)国際開発基金(OPEC基金)は、初の債券発行で10億ドルを調達したと発表した。写真はOPECのロゴ。ウイーンで2010年3月撮影(2023年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[ロンドン 20日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)国際開発基金(OPEC基金)は、初の債券発行で10億ドルを調達したと発表した。

調達した資金は食料安全保障、医療、インフラ、教育、雇用、再生可能エネルギー関連の事業に充当するとしており、持続可能な開発目標(SDGs)の実現に貢献する債券に分類される見通し。償還期間は3年で、利回りは4.5%。

OPEC基金の資金調達責任者であるマーティン・ミルズ・ジャンセン氏によると、中東、欧州、アジアの中央銀行やその他の公的機関が新発債の投資家の62%を占めた。

そのほか、民間銀行の割合は19%となり、残りは主に資産運用・保険会社と年金基金だったという。

同氏はまた、OPEC基金が今後、ドル建て債を毎年発行することを計画していると明らかにした。

同基金は規定により、投資先がOPEC非加盟国に限定されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up