March 5, 2020 / 2:08 PM / in a month

OPEC、日量150万バレルの追加減産で合意 ロシア参加が条件

[ウィーン 5日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)は5日、第2・四半期に日量150万バレルの追加減産を実施する方針で合意した。ロシアなどOPEC非加盟国の参加が条件で、非加盟国には追加減産分のうち日量50万バレルの削減を要請する。現行の日量210万バレルの減産は年末まで維持する。

追加減産は新型コロナウイルス感染拡大に伴い下落している原油相場の下支えに向けた措置で、日量150万バレルは2008年の金融危機以降で最大。

OPECは声明で、新型ウイルス流行が「異例の状況」を生み出し、リスクは「下方」に傾いており、行動が求められていると指摘した。

OPEC加盟国・非加盟国による連合体「OPECプラス」は6日に閣僚会議を開き、最終的な決定を下す。追加減産に慎重な構えを示しているロシアの出方が注目される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below